|以前のページ

2014-03-24(月)

 太陽光充電式充電器_その2

Category: <!--92-->工作全般

 LEDとスライドスイッチを追加。

 トイラジの充電だけでは活用頻度が低いかと思った結果。
20140324-140324b.JPG
 スイッチの誤動作防止に、USB端子の取付位置を微調整。

 LEDは直列なので消費電力は低い。(自分の工作の)ジャンク品なのでデータ表は持っているがどれが該当するか分からない(笑)。点灯時間は……、たぶん、とっても長いw(バッテリィが完全放電する前に消灯するはず。本体バッテリィにも保護回路がついている)。

 どんな状況での使用か想定しないで作ったが、早速テレビの裏の端子確認に役立った。普通の懐中電灯だと長くて使い辛い状況だ。手に届くところに置いておけば、こんな調子で活躍の場はあるだろう。
 非常時に役立つグッズでも、日常的に利用できるのが望ましい(動作チェックにもなるしね)。

2014-03-17(月)

 太陽光充電式充電器_その1

Category: <!--92-->工作全般

 自分で書いてても、ややこしいタイトル。

 要は、太陽光で内臓バッテリィを充電して、他の機器に充電(電源供給)するアイテム(こう書いてみると、タイトルは間違っていないのだが……)。

 「USBでも充電できる」と書いてあったのだが、iPhone4など用の接続端子しかついていない(本来はそれ専用の機器)。取説をよく読んだら「他の機器のUSB出力からこのアイテムに(太陽光じゃなくても)充電できる」と言う意味だった。
20140317-140317a.JPG
 仕方ないので出力用USB端子を付けることにした。iPhone持ってないし。

 以前買ったマウスのおまけの延長ケーブルを利用。ケーブルを切ってプラスマイナスを確認。アイテムの方も開いて基盤を確認した(480mAhのリポが入っている。飛行機用のバッテリィ充電器に改造できるかもしれないが、充電所要時間が6〜12時間)。

 改造完了。
20140319-140319a.JPG
 当面の目的である、ナノスパイダーに充電。充電側が480mAh、ナノスパイダーは100mAhのバッテリィなので、3回はいけるかな?(3/20*追記 4回まで充電を確認。使い勝手としては充分かな。ナノスパイダはLEDの点滅後すぐに飛行を停止している)。

 この時はPCから充電器へ充電したので(変な表現だが)、太陽光充電については未確認。薄日に12時間あてた後にナノスパイダーに繋いだら10分でバッテリィが上がった(通常30〜40分かかる)。

* まとめ。 PC使用時にUSBから充電しておいて、補助として太陽光充電。また非常時には太陽光だけでも気休めくらいにはなるかもしれない。僕が使っている携帯のバッテリィは800mAh。USB入力の小型LED照明を用意しておくのも良いかも。ってか直接つけちゃえば良いか。まあ、追々……。

2012-02-04(土)

 充電器*_修理3

Category: <!--92-->工作全般

 前回の記事で修理が完成したように読めるが、作業中にICの足がもげた上、その付近の基盤のパターンを潰してしまった。都合三回壊したことになる。

 ずっとほったらかしだったが、やっと修理した。
20120204-120204a.jpg
 怪しげな空中配線。ルーペで見たときにはそれなりにできたと思ったが、画像で見たらハンダの具合が変だ。無事に稼動はしているが。

 久しぶりのハンダ作業でこのサイズはしんどかったが、思ったほどのブランクは感じなかった(元々ヘタだからね。笑)。

2012-02-03(金)

 重宝してます

Category: <!--92-->工作全般

 100円ショップで入手したデコレーションシール。半球形のビーズといった形。1.5mmほどのサイズで、何色か入っていた。

20120203-120203a.jpg
 1/87の機関車のヘッドライト。

20120203-120203b.jpg
 1/35の赤色回転灯(架空のものだけど)。


 約1/45の複葉機の翼端灯。

2011-10-18(火)

 時には無謀な勝負のように

Category: <!--99-->つぶやき , <!--92-->工作全般

 自作の熱線スチロールカッタ充電器壊れてしまった代替やバッテリィ駆動からの改造と、ジャンクのAC-DCアダプタを利用する事が多い。本体を処分した時にとって置いたり、中古品を買ったりしている。

 今回は、みっつ買ってきた。
20111019-111018a.jpg
 右は、6Vバッテリィ駆動の掃除機。以前12Vのアダプタ(9Vが欲しかったのだが)で使ってみたところ、本体は大丈夫だったがアダプタの発熱が凄い。短時間なら問題なく使っていたが、先日うっかり長時間使ってしまいアダプタから煙が出た。基盤の抵抗付近のハンダが溶けてしまった(恐)。今回6Vのアダプタにしたら吸引力は減ったが危険は感じない。工作台の掃除には調度良さそうだ(強いと必要なものまで吸い込まれてしまう)。

 中は、ノートパソコンのアダプタが壊れたので、代替。PCの最大使用電力に1Aほど足りないのが不安だが、CPUをフル稼働させなければ電力は足りるだろう(オイオイ)。発熱が気になったので樹脂カバーを外してジャンクのアルミ部品に密着させてみた。熱対策上は良好だが、これで電力がカバーできるわけでは無いし、今後も目が離せない(来年の夏が怖い)。*10/20追記。純正品と同規格のものが見つかったので購入した。

 左は、スチロールカッタ用に調達。以前使っていたちょうど良いアダプタを掃除機で壊してしまったので買い足した。出力側にマルチケーブルが使われているので、テスタで確認する必要がある。

 以上、ちゃんと調べて計算すれば壊すこともないだろうが、知識不足でやってみないとわからないケースもある。危険性は承知しているので、目の届く範囲、すぐに対処できる条件下で使っているし、未使用時にはコンセントを抜き、その場を離れる時は熱が冷めたのを確認している。
*アダプタや本体、マニュアルには指定の組合せ以外での使用禁止の旨が記載されている。


|以前のページ