ビデオ撮影をより楽しみたい方へ、そして私自身の再勉強のために
  ビデオにまつわるエトセトラ

 
 ライティング ― その1

 その1と言う事で、基本的な光の方向による
名称の紹介と簡単な実例をあげます。


 被写体をカメラから見て、正面から当たっている光を順光。
横から当たっていればサイド光。後ろからなら逆光。
 図には無いが,斜めなら斜光。頭上からの光をトップライト。
 サイド光と斜光を何処で区別するかなど,明白な基準は無いが
ひとつの目安として、それぞれの名称がある。

 また,その時の基準になる光線をメインまたはキーと呼び、
屋外なら太陽光線がそれに当たる。室内でもどのライトをキーに
するか明確にしないと、ビデオの場合、カットによって光線の状
態がバラバラになってしまう。
 キーライトに対して,影を和らげたり、被写体につやを出した
りする光を補助光という。

下の写真は,それぞれのライトでの見え方の違いの一例。

順  光 サイド光 逆  光
順光+サイド光 順光+逆光 順光+サイド光+逆光

ちなみに、使ってるライトは、家庭用のクリップライトで40W程度のものです。
ちょっと手間をかければ、ここまで変わる!





上からの図
横からの図

カップにお湯を入れてみました。

順光+サイド光 順光+逆光 順光+サイド光+逆光